今後の他社間との取引にはiso取得が必須になっていきます

ブランドイメージの改善

ペンと紙

企業の経営者や管理職のポストについている人たちは、iso取得の中でも、特に「環境」に関する規格である、「マネージメント規格」について、iso取得を目指していることが多いようです。ISOのマネージメント規格は、「ISO14001」という規格にあたります。この規格を取得するためには、企業における生産活動を、地球の環境に負担をかけないやりかたで運営できるようにするためのさまざまな基準を満たし、それをISOに認めてもらうことが必要になります。
「ISO14001」を取得するためには、まずISOが定めている規格に沿って、企業で生産している製品や、営業活動について、地球環境に対する方針を定め、その方針に基づいた生産計画を立てなくてはいけません。計画ができたら、PDCAサイクルの考え方に基づき、実際に行動し、成果についてチェックし、不十分な点については随時改善していきます。
「ISO14001」を取得することができれば、企業の環境への取り組みを、世界にアピールすることにつながりますし、企業としてのブランドイメージが改善することによって、さらなる営業利益をあげるチャンスにもなりますので、経営者としてはぜひiso取得したいところです。

iso取得へのモチベーション

企業のマネジメントシステムに関するiso取得や、自社工場で製造している製品の規格に関するiso取得のためには、事前にいろいろな取り決め事が必要だったり、社内の新しいルールづくりのために複数回の会議が必要だったりと、いつもの業務とはまったくジャンルの違う、面倒な作業がたくさん必要になります。「iso取得企業」という看板を掲げたいと考え、iso取得手続きのために専門機関のスタッフを呼ぶことを提案した管理者であったとしても、こまごまとした作業がいくつも続くことがわかると、どうしてもモチベーションが下がってしまいがちです。
また、iso取得後も、それらの手続きや書類仕事、社内の環境のチェックなどといった業務がなくなるわけではなく、管理責任者には相応の負担がかかってしまうことは否定できません。そのため、iso取得に際し、社内での方向性が定まっていなかったり、isoを取得することによるメリットを、社内のほとんどのスタッフが分かっていなかったりするような状態の会社では、iso取得、そして取得後に認証を維持するための活動はとても大変です。
iso取得に向けて動き始めるときには、関係するスタッフの通常業務に関して配慮をしたり、社内で勉強会をおこなったりしてモチベーションをあげるとよいでしょう。

iso取得によってスムーズに取引できる

企業間で取引を行う場合、一定のルールが定められているとお互いスムーズに話が進みます。お互いできるだけ自分の都合のよい条件で取引しようと考えるため、話し合いが平行線をたどるケースも少なくありません。そのため、企業は事業を行う上でiso取得をしておいたほうがよいと言えるでしょう。isoとは国際間で取引を行う際の共通の基準のことです。これが定められているだけで、そのルールの範囲内で企業が取引をするようになるのです。それによって、取引をする際、企業同士がお互い妥協するようになり、話し合いが進むことが多いのです。企業がiso取得をすることで、他の企業から信頼を得られやすくなることも多いので、売上を多くできるメリットもあります。

iso取得をするにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか。まず各企業でisoの内容を作成します。システムの構築の仕方はいろいろありますが、それぞれの企業に適したものにするとよいでしょう。isoの内容の作成が終了したら、今度は審査機関から審査を受けることになります。審査事項には一定の条件がありますが、それをクリアすれば認証してもらえます。審査機関から認証を得られればisoを取得できます。

Choices

  • 女性

    品質で評価を得られるisoについて

    各企業はいくらよい商品を販売したり、サービスを提供したりしても、その品質に問題があればそれだけで信用を失ってしまいます。たとえば食品関…

    MORE
  • パソコンと男性

    どの種類のiso取得を行うか検討する

    isoは国際規格であるため、今後海外企業との取引などが予定されているのであれば、取得することによって信頼を得ることができます。しかしな…

    MORE
  • 男性

    iso取得までに必要な費用とは

    国際規格であるisoを取得するには所定の審査をクリアする必要があり、また規格内容にも複数の種類があることから長い期間を必要とします。そ…

    MORE
  • 笑顔の女性

    iso取得後のマニュアル運用

    国際規格であるisoを取得した後、企業は取得したisoの内容に沿って業務の手順やマニュアルを変更する必要があり、完成した後も適している…

    MORE

List